桜も一緒に楽しめるかも!花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

http://www.npsam.com/

桜も一緒に楽しめるかも!花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

ミレー、コロー、シスレー、モネと聞いて何を思い浮かべますか? この名前を聞いて画家ということをご存知の方が多いのではないのでしょうか。

フランスの風景画の珠玉の名品を集めた展示会が美術館の聖地、長野県にある長野県信濃美術館で4/15(土)から開催されます。

自然の姿を見たまま、リアルなものに描かれた風景画はとても親しみやすいですよね。しかしながらフランスにおいて自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた「バルビゾン派」や「印象派」の画家たちが活動を始めた頃というのは風景画は世に認められていなかったのです。

今となってはミレー、コロー、シスレー、モネは最も人気のある画家になっているのですが、その登場から現在までの150年ほどの間に、作品を鑑賞する私たちの美意識や批評眼が大きく変わったことが伺えます。 西洋の風景画の展開の物語を彩る珠玉の名品の数々を楽しみにしてください。

50年を迎えた長野県信濃美術館は善光寺東側の城山公園内に立地していてイベントの開催時期である4月中旬頃には軒を連ねる花見茶屋で桜が楽しめる。桜を見た後にさらに審美眼を鍛えるのもいいかもしれません。是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

EVENT DATA

花ひらくフランス風景画 珠玉の名品 ミレー、コロー、シスレー、モネ

期 間 2017/4/15(土)~6/18(日)
※休館日:毎週水曜日(ただし、5月3日(水)は開館)、入館は16:30まで
場 所 長野県信濃美術館
(長野県長野市箱清水1-4-4)
金 額 大人1,200円
大学生1,000円
高校生以下無料

オススメイベント