ファッション好きな方は必見。日本で数少ない服飾専門博物館の展示会「ヨーロピアン・モード」

http://museum.bunka.ac.jp/

ファッション好きな方は必見。日本で数少ない服飾専門博物館の展示会「ヨーロピアン・モード」

ファッションといえばヨーロッパ!そんなヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの変遷を、その時代の社会背景とともに紹介する展示会が「文化学園服飾博物館」で3月11日(土)から開催されます。

文化学園服飾博物館は学校法人文化学園を母体とする日本では数少ない服飾専門の博物館です。
学術研究のために収集された衣服や染織品や世界のファッションの歴史がわかる資料などを公開しています。
さらに展示会を定期的に開催しており、ファッション好きな人には参考になる博物館です。

今回の展示会「ヨーロピアン・モード」では19世紀後期から、デザイナーが黒一色の中に個性を光らせた20世紀後半の「リトル・ブラック・ドレス」までを織り交ぜていきます。

18世紀のロココ時代から20世紀末までの変遷の中で「黒」のドレスや装飾品に注目してします。黒はファッションとして敬遠されがちだったのですが、19世紀後期以降、喪服としてだけではなく、流行としても受け入れられるようになったのです。

今でも「黒」のファッションは当たり前のように取り入れてますよね。
モードファッションが好きな方はもちろんとにかくファッションが好きな方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

EVENT DATA

ヨーロピアン・モード

期 間 2017/3/11(土)~5/16(火)
場 所 文化学園服飾博物館
(東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F)
金 額 一般500円
大高生300円
小中生200円
※20名以上の団体は100円引き
障がい者とその付添者1名は無料

オススメイベント