小人と旅と不思議な空間「安野光雅の仕事」

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

小人と旅と不思議な空間「安野光雅の仕事」

1926年島根県津和野町に生まれた画家・安野光雅の作品を集めた「安野光雅の仕事」展が、京都・美術館「えき」KYOTOで3月3日から始まります。

安野光雅は、小学校で図画や工作を教えながら、本の装丁や挿絵などを手がけて活躍。1968年『ふしぎなえ』で絵本作家としてデビューし、小人たちが繰り広げるだまし絵のような空間を扱った絵で人気を集めました。

美術のみならず科学、数学、文学、歴史などにも造詣が深く、豊かな知識と卓越したセンスを持つ安野の作品は翻訳され、世界各地で読まれています。

本展ではデビュー作『ふしぎなえ』をはじめ、草花を描いた水彩画『野の花と小人たち』やヨーロッパの街並みを描いた『旅の絵本』シリーズなど、初期作品から最新作を含む約90点を展示します。

EVENT DATA

安野光雅の仕事

期 間 2017年3月3日(金)〜3月26日(火)
場 所 美術館「えき」KYOTO
(京都府京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル)
金 額 [当日]
一般 900円
高・大学生 700円
小中学生 500円

オススメイベント