ツルカメ、トンボ…いろいろ登場「所蔵作品展 動物集合」

http://www.momat.go.jp/cg/exhibition/animals_2017/

ツルカメ、トンボ…いろいろ登場「所蔵作品展 動物集合」

磁、ガラス、漆工、木工、竹工、染織など、近現代の工芸およびデザイン作品を展示紹介する東京国立近代美術館の分館である東京国立近代美術館工芸館で動物をテーマにした収蔵品展が2月28日から始まります。

ツル、カメ、貝、トンボ、オシドリ、犬、タカ、虎、龍、鳳凰などなど、工芸には数え出したらきりがないほどの動物たちが登場し、時として、制作に欠かせない素材や道具にも用いられます。 とくにツルカメは長寿、貝は豊穣、トンボは武運と、モチーフとなる動物に願いや祈りが込められていることも。

本展では、花鳥を織り込んだ伝統的な錦や、龍や獅子などの霊獣をモチーフにした作品、勇猛な姿を描いた鷹と虎、魚や貝、蝶、トンボなどの虫から妖精までユニークなモチーフも登場します。

EVENT DATA

所蔵作品展 動物集合

期 間 2017年2月28日(火)〜5月21日(日)
場 所 東京国立近代美術館工芸館 
(東京・九段下)
金 額 一般 210円
大学生 70円

オススメイベント