SKE48 松井珠理奈がアンバサダー! スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。 がついに名古屋にやってきた!

http://event-nagoyajo.com/starwars/

SKE48 松井珠理奈がアンバサダー! スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。 がついに名古屋にやってきた!

「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。(以下、スター・ウォーズ展)」は、ジョージ・ルーカス氏が世界中から選んだアーティストが、それぞれ独自の解釈で描いたスター・ウォーズのアート作品を中心にスター・ウォーズの魅力を「ビジョン」というテーマで紹介するという企画。

世界初公開の約100点のアート作品をはじめ、シリーズ6作品の映画制作で実際に使用されたコンセプトアートや衣裳、小道具など約150点が展示されるという。スター・ウォーズ好きにはたまらない展覧会!東京・札幌展・松山展・横浜展・静岡展・富山展・大阪展・栃木展・岡山展と続き、満を持しての名古屋展!

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

これまで各地方で行われた「スター・ウォーズ展」を見た方も、是非名古屋で見ていただきたい!その秘密は展覧会が行われる場所。なんと名古屋城で開かれるのだ!スター・ウォーズ好きなら、この意味わかりますよね?

「スター・ウォーズ」の原点は“日本”、それも古き日本。「ジェダイ」の語源は“時代”であることは有名な話だが、ジェダイ装束は日本の侍装束だし、ジェダイの戦いはチャンバラそのもの!さらにダース・ベイダーのデザインも鎧兜を来た侍の姿だという話まで。

ジョージ・ルーカスも日本文化に影響を受けたと語っているため、日本はスター・ウォーズの原点ともいうべき場所。スター・ウォーズを古き日本の象徴、「城」で感じられるというのは、何たるニクイ演出か!

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

この展覧会ではスター・ウォーズに込められた様々なビジョンを、7つのテーマごとに見ることができる。

①スター・ウォーズの原点
②サーガと運命の肖像
③フォースの光と闇
④戦いと兵器
⑤銀河と生態系
⑥ドロイドがみたサーガ
⑦銀河に広がるアート

①~⑥は全てスター・ウォーズを語る上で外せないもの。特に、スター・ウォーズの兵器デザインやクリーチャーデザインなどは大きな評価を得ており、その後の様々な作品にも影響を与えている。この展覧会を見れば、スター・ウォーズを数百倍楽しめるようになること間違いなし!

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

全作品見直して「スター・ウォーズ展」に行くのか、それとも「スター・ウォーズ展」を見てから全作品見直すのか、どちらでも間違いなく楽しめるはずだ。ちなみに筆者は、全作品見直してから「スター・ウォーズ展」に行って、さらに全作品見直す予定である。もちろんスピンオフもね。

EVENT DATA

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。

期 間 2017年2月16日(木)~4月9日(日)
場 所 名古屋城 大天守閣2階 企画展示室
(愛知県 名古屋市 中区 本丸1-1)
金 額 前売券
一般 1600円
小中学生 500円

当日券
一般 1800円
小中学生 700円

オススメイベント