稲沢 はだか祭り!神男による厄を振り落とす肉弾相打つ壮絶な神事が開催!

http://www.konomiya.or.jp/main/hadakamatsuri

稲沢 はだか祭り!神男による厄を振り落とす肉弾相打つ壮絶な神事が開催!

稲沢市国府宮神社で行われる真冬の伝統行事「はだか祭り」が2017年2月9日、ついに開催されます!
早朝5時から行われる「神男一番祈祷」から始まり、厄除けのご祈祷を待つ人やお守り「なおいぎれ」を受け取る人々で境内は超満員となるほどの神事で、愛知県の中でもとりわけ注目を集める行事なのです。

やはり注目を集めるのは肉弾相打つ裸の男達がもみ合うその様でしょう。江戸時代末期から始まるこの大迫力の行事、ぜひとも行きたい日本の行事ではないでしょうか?

稲沢 真冬の風物詩 老若男女の厄除けのために裸の男が揉み合う祭り

まずこの行事を見学するポイントは「動き出し」ではないでしょうか?
早朝5時から始まるこのはだか祭りは、真冬の風物詩という事もあり多くの人々が「なおいぎれ」「ご祈祷」を受けるために、この時間からでも境内に混雑し始めるのです。
しかしこの行事はクライマックスは15時、そして終了が17時~18時台のため、単に肉弾相打つ奇祭を見学したいだけならば早朝5時からの出動はオススメできません。

午前6時を回ったくらいでも十分スムーズにいけるのではないでしょうか?
ただし、このはだか祭りは近隣各所から老若男女の多くの参拝客が訪れるお祭りなので早い時間からでも混雑は必至で、出遅れてしまえば見る場所がなくなってしまうほどなのです。自分の体調も考え参拝に行きたいですよね。

裸の男の集団が続々となおい笹を捧げ喚声をあげて威勢よく拝殿へ駆け込む姿、裸の男達をめがけて水がぶつけられる様、神男を待つ一層大きな喚声、そして全身無垢姿で参道に群がる男達に飛び出す神男…。
テキストでは言い表すことのできない神への行いは、その身を持って全ての人々の厄を振り払う男達の魂の叫びではないでしょうか?

年に一度の稲沢 はだか祭り
防寒対策をしっかり行い、ぜひとも行きたい伝統行事ではないでしょうか。

EVENT DATA

稲沢市 国府宮神社 はだか祭り2017

期 間 2017年2月9日(木)
場 所 尾張大國霊神社(国府宮)
愛知県稲沢市国府宮1丁目1番1号
金 額 参拝無料

オススメイベント