鮮やかな色彩で映し出す夢の世界「蜷川実花展」

http://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/

鮮やかな色彩で映し出す夢の世界「蜷川実花展」

ファッションから広告まで現代日本を代表する写真家として、写真から映像まで幅広く表現活動を続ける蜷川実花。昨年のNHK紅白歌合戦で坂本冬美「夜桜お七」での演出や『ヘルタースケルター』『さくらん』の映画監督を行うなど、彼女の活動は話題を集めてきました。

移ろいゆくものへの鋭敏な感性に支えられ、夢のように美しく鮮やかな色彩で創り出された世界は観るものを魅了します。とくに若い世代を中心に幅広し層から圧倒的な支持を受けています。

2015年には活動20年を迎え、これからも新たな領域に挑んでいます。そんな彼女の世界に迫る展覧会が2月1日より静岡県立美術館でスタートします。1月31日には、プレイベントとして蜷川実花×小山登美夫トークショーも開催決定。本人が創作の裏側について語る貴重な機会となることでしょう。

EVENT DATA

蜷川実花展

期 間 2017年2月1日(水) 〜 3月26日(日)
場 所 静岡県立美術館
(静岡県静岡市駿河区谷田53−2)
金 額 一般 1,200円
高校生・大学生・70歳以上 600円
中学生以下無料

オススメイベント