http://tokushu.saga-s.co.jp/ikedamanabu/

気鋭の画家が描く緻密で壮大な世界「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」

わずか1mmに満たないペンの線から緻密でありながら壮大な世界を描き出す気鋭の作家、池田学。国内だけでなく、ニューヨーク・タイムズのアート&デザインの記者が選ぶ、その年に最も世界にインパクトを与えた作品“Best of 2011”に選ばれるなど、世界的に注目を集めています。

そんな池田学氏の個展「池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―」が、1月20日より佐賀県立美術館で開催されます。

巨大な楠の圧倒的な存在感を表現した作品「存在(2004)」、災害や環境問題をテーマとした「Meltdown(2013)」など、日本で公開されることの少ない海外所蔵の貴重な作品も、この展覧会のために集結。デビュー作から代表作まで約120点を展示します。みどころは、製作期間3年、3×4メートルの日本初公開となる巨大な新作です。

EVENT DATA

池田学展 The Pen―凝縮の宇宙―

期 間 2017年1月20日(金) 〜 3月20日(月・祝)
場 所 佐賀県立美術館
(佐賀県佐賀市城内1丁目15−23 佐賀県立美術館)
金 額 一般 1,200円

オススメイベント