戦後に静岡で発行された絵本の貴重な展示会!静岡発!「昭和の幼児指導絵本『あそび』展」

http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/

戦後に静岡で発行された絵本の貴重な展示会!静岡発!「昭和の幼児指導絵本『あそび』展」

かつて静岡で幼児指導絵本「あそび」が発行されていたことをご存知だろうか。戦後、戦争未亡人となった女性を中心に発行されなんと最盛期の昭和40年代には約8万部の発行部数を記録。静岡県内だけでなく東京や名古屋などの幼稚園や保育園にも頒布されていたことが確認されている。そのわずか20ページ足らずの内容は年中の行事や時事ニュースなどをイラストを交えて紹介したりするもの。その後有名になっていく絵本作家や画家、作曲家、詩人らが多数執筆していた。

そんな昭和の幼児指導絵本「あそび」の展示会が静岡大学の協力を得て静岡県立中央図書館にて開催。近年再発見された「あそび」の研究成果と共に同時代の子供向け絵雑誌も展示。

さらに、2/19(日)と3/11(土)では「あそび」発行当時の付録を体験して遊ぶことができるイベントも開催! 戦後日本の背景が垣間見れ、子供はもちろん大人まで楽しめる昭和の絵本を堪能してみてはいかがだろうか。

EVENT DATA

静岡発!「昭和の幼児指導絵本『あそび』展」

期 間 2017/2/14(火)~3/16(木)
場 所 静岡県立中央図書館
(静岡県静岡市駿河区谷田53-1)
金 額 無料

オススメイベント