グラフィックデザインのパイオニア!カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=336

グラフィックデザインのパイオニア!カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命

街中で見かけるポスターの数々。様々なデザインがあってぼーっと見ているだけでも楽しいですよね。そんな広告たちに大きな影響を与えたと言っても過言ではない20世紀を代表するグラフィックデザイナー、アドルフ・ムーロン・カッサンドル(Adolphe Mouron Cassandre1901-1968)。

沢木耕太郎による紀行小説「深夜特急」の表紙のデザインやイヴサンローランのロゴマークを手がけたのもカッサンドルなんです。 カッサンドルのポスターは新鮮でおしゃれで今でも新しく感じる作品ばかり。 そんなカッサンドルのポスターの展示会が埼玉県立近代美術館にて開催。

ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたカッサンドル・コレクションは保存状態の良好なポスターの代表作やカッサンドルの直筆の貴重なポスターの原画を含むもので世界的に高く評価されており、それらのコレクションを通して紹介。都市と広告の刺激的な出会いを求めたカッサンドルのポスター芸術を是非この目で確かめてみてはいかがでしょう。

EVENT DATA

カッサンドル・ポスター展 グラフィズム

期 間 2017/2/11(土)~3/26(日)
休館日:月曜日(3月20日は開館)
場 所 埼玉県立近代美術館
(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1)
金 額 一般1000円
大高生800円
中学生以下と障がい者手帳提示者(付き添い1名を含む)は無料

オススメイベント