繊細な作り込みで多くの人々を魅了するエミール・ガレのガラス・コレクション「ガレの花園」

http://kitazawamuseum.kitz.co.jp/exhibition/exhibition_26.html

繊細な作り込みで多くの人々を魅了するエミール・ガレのガラス・コレクション「ガレの花園」

知る人ぞ知る、フランスのアールヌーヴォー期を代表するガラス工芸家エミール・ガレ(1846-1904)。

繊細なガラス生地に細かい彫刻を施すなどガレは難易度の高い技法を駆使しガラス工芸に命を吹き込み多くの人々を魅了してきました。

自邸の庭に2,500種とも3,000種ともいわれる植物を育てるほど花をこよなく愛していたガレ。
長野県北澤美術館では、良きライバルであるドーム兄弟らの作品とともに、同館のコレクションの中から花をテーマに紹介。
色とりどりの四季の花々、留まることを知らないはかない命を永遠の芸術に昇華させた「ガレの花園」を楽しむことができます。

その作り込まれた作品に圧倒されること間違いなしです。

EVENT DATA

ガレの花園

期 間 2016/6/30(木)~2017/3/31(金)
場 所 北澤美術館
(長野県諏訪市湖岸通り1-13-28)
金 額 大人1,000円
中学生500円
小学生以下無料
※団体(8名以上)は100円引き

オススメイベント