ユーモアたっぷりの作品を世に残す、謎多き浮世絵師”歌川広景”の全貌に迫る。

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/hirokage-edomeisho

ユーモアたっぷりの作品を世に残す、謎多き浮世絵師”歌川広景”の全貌に迫る。

東京・太田記念美術館で、歌川広景をテーマにした展覧会が開催される。

歌川広景については、歌川広重の弟子という程度のことしか明らかになっておらず、その正体はほとんど謎に包まれている。本展では、代表作である「江戸名所道戯尽」全50点を一挙に紹介するほか、「青物魚軍勢大合戦之図」や「東都冨士三十六景」といった他の作品も合わせ、謎の絵師・歌川広景の全貌に迫る。

幕末の江戸の名所を舞台に、騒いだり転んだりする人々をユーモラスに描いた作品など、他の浮世絵では味わうことのできない、笑いと馬鹿馬鹿しさに溢れた江戸っ子たちの姿をお楽しみください。

EVENT DATA

お笑い江戸名所~歌川広景の全貌

期 間 2017年1月5日(木)~29日(日)
場 所 太田記念美術館
(東京都渋谷区神宮前1-10-10)
金 額 一般 700円
大高生 500円
中学生以下 無料

オススメイベント