子供から大人まで笑顔に楽しめる民俗芸能「八戸えんぶり」!

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/27,0,91,474,html

子供から大人まで笑顔に楽しめる民俗芸能「八戸えんぶり」!

「八戸えんぶり」は八戸地方を代表する民俗芸能で「みちのく五大雪まつり」の1つであり、国の重要無形民俗文化財に指定されている、青森県南地方に春を呼ぶ伝統行事であり、行きたいイベントの1つです。今年度は2017年2月17日(金)~2月20日(月)に行われます。

その年の豊作を祈願するための祭りで、「太夫」と呼ばれる舞い手が馬の頭をかたどった華やかな烏帽子を被り、頭を大きく振る独特の舞いが特徴です。「太夫」とはえんぶりの主役の舞手で鳥帽子とは奈良時代に起源をさかのぼる帽子のことであり、八戸えんぶりのものは高さ60cmもあります。

その舞いは、稲作の動作である、種まきや田植えなどを表現したものです。また、舞いの合間の子供たちによる可愛らしい祝福芸も、見る者を楽しませてくれます。祭り期間中は、市内外から参加する約30組のえんぶり組が街に彩りを添え、例年25万人ほどの人出でにぎわいます。

えんぶり組というのはその名の通り、えんぶりを舞う人たちのことを指します。初日の2月17日の早朝にはえんぶり組が集まって、長者山新羅神社を詣でます。また、ここで写真撮影会もあるのでここで是非写真を撮って思い出の一枚として残しておいてほしいです。

その他は、市庁前市民広場、八戸市公会堂、更上閣、史跡根城の広場といった場所でえんぶりが見られます。ただし、無料のところと有料のところがあるので注意してください。 また、えんぶりだけでなく「祝福芸」というものがあり、この「祝福芸」は大人の人たちがえんぶりをする合間に子供たちがやる舞いのことです。子供たちのかわいい舞いに、大人たちはもうメロメロ間違いなしです。

子供から大人まで楽しめるこの「八戸えんぶり」をあなたも是非楽しんでみてはいかがですか?

EVENT DATA

八戸えんぶり

期 間 2017/02/17(金)~2017/02/20(月)
場 所 八戸市中心街
(青森県八戸市内丸1-1-1)
金 額 観覧無料
※イベントへの参加は一部有料
えんぶり公演(有料)・お庭えんぶり(要予約・有料)

オススメイベント