お正月後の男たちの裸の大行進!仙台「どんと祭」!

http://www.oosaki-hachiman.or.jp/festival/matsutaki/

お正月後の男たちの裸の大行進!仙台「どんと祭」!

お正月が過ぎてしまうと、ワクワク感も薄れ普段の生活に戻ることが毎年多いですよね。

しかし、その後にも楽しいお祭りがあることをみなさんは知っていますか?それが2017年1月14日(土) 16:00から仙台で行われる冬の祭り、「どんと祭」です!特に、大崎八幡宮で開催される「松焚祭」は見どころいっぱいです。

「どんと祭」は小正月(1月15日)前後に、主に宮城県を中心として行われるお祭りです。各家庭を訪れていた神様たちを送るために、正月飾りを神社で焚き上げます。焚きあげられた火は「御神火」と呼ばれ、この火にあたって1年の家内安全や無病息災を祈願します。

この「どんと祭」は仙台を中心として、他の地域でもたくさん開催されます。地域によっては、「左義長」など、いろいろな呼び方があります。また、その火の勢いから、「どんと焼き」等とも呼ばれていて、どんと焼き自体は全国で行われています。

その中でも、宮城県の仙台市で行われる「どんと祭」は、全国でも最大規模の祭りです。特に大崎八幡宮で行われる「どんと祭」は、「松焚祭」と呼ばれていて、参拝数も全国で最も多く、例年10万人ほど訪れます。

「どんと祭」の見どころはまず、国宝の大崎八幡宮です!最大規模の「どんと祭(松焚祭)」が開催される大崎八幡宮は、1607年から続く由緒ある神社です。桃山建築を今に伝える最古の建造物なので、建築に興味がある人は、「どんと祭」が始まる前から、日がるうちにゆっくりと境内を見て回るのがオススメです。

そして、もうひとつの見どころはなんといっても「裸参り」です!たくさんのグループが、それぞれ神社を目指して行進します。御神火で体を温めたり、お神酒を頂いているところもばっちり見ることが出来ます。 冬の寒い中での裸参りは大迫力です!ぜひ、ご自身の目で確かめてみてください!

EVENT DATA

松焚祭/どんと祭

期 間 2017/01/14(土)
場 所 大崎八幡宮
(宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1)
金 額 参拝無料

オススメイベント