海を燃え上がらせる!男達の魂を間近で感じろ!古内みそぎまち歩き

http://kikonai-kankou.net/ibento001.html

海を燃え上がらせる!男達の魂を間近で感じろ!古内みそぎまち歩き

極寒の冬、我先にと海へとび混む男の姿をご覧になったことありますか?180年以上続く伝統神事「寒中みそぎ」です。木古内はこの神事から成り立っていると言っても過言ではありません。

開催地の最寄り駅でもある木古内駅は新幹線が止まる駅でもあり、県外から「男たちの魂」を見に来る方もいるほどの超人気神事であります。「寒中みそぎ」あらくれものが海と戦う行事を見に行ってみませんか?その魅力に迫っていきましょう!

海すらたぎらせる、男達の魂

寒中みそぎ祭り

まず「みそぎ」とはどのような工程で行われているのか?この工程を知っているか否かで行事をより深く見ることができるでしょう。 1月13日の「参籠報告祭」で寒中みそぎ祭りは始まる。
①白装束に包まれた4人のみそぎ兵が祈りを捧げる。

②昼夜を問わず幾度となく行われる「水ごり」。
厳寒の中、冷水を浴び、ただひたすら自己の命と向きあう。

③そして、厳しい水ごり(鍛練)によって心身ともに鍛えられた四人の行修者は15日朝の『出御祭』の儀式を終えて白装束をまとい、いよいよみそぎ浜へ向かう。

④ご神体を抱いた四人の行修者は、今まさに心を一つにして身も凍りつくほどの厳冬の海へ男たちはとびたつ。豊作豊漁を願う崇高ないのちの祈りは終焉を迎える。

後に、神殿にて祭りを恙なく終えたことを奉告、松前神楽を厳かに舞うなかで四人の若者のいのちの祈りは終わりを迎える。

小規模ながら味のある商店街での地酒試飲や銘菓の試食、ゆかりのスポットをガイドと一緒に巡ることができます(参加費1人1,000円、要事前予約)1時間弱かけてゆっくりとまち歩きしましょう。参加者にはご利益があるかも!?

新年、アツい男たちをみたいなら絶対行きたいイベントです。

※情報は2016年度のものです。2017年度の情報解禁により一部内容が変わることがあります。

EVENT DATA

寒中みそぎ祭り

期 間 2017/01/13(金)~2017/01/15
場 所 佐女川神社
みそぎ浜
(北海道上磯郡木古内町木古内155−1)
金 額 観覧無料

オススメイベント