幕末のヒーローの足跡を探る「没後150年 坂本龍馬展」

http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html

幕末のヒーローの足跡を探る「没後150年 坂本龍馬展」

今もなお憧れの人ととして名前の上がる幕末の志士、坂本龍馬。彼が京都で亡くなっておよそ150年、坂本龍馬を主人公に幕末史をふり返る特別展覧会が京都国立博物館で開催されます。

この展覧会では、坂本龍馬の直筆の手紙のほかに、龍馬の遺品として有名な血染の掛軸や屏風、坂本家の家紋入りの紋服、土佐でもらった小栗流の剣術免状、近江屋で使った海獣葡萄鏡などを一部屋に集めて展示します。

さらに、この十年に進展した龍馬研究についても紹介。個人宅から発見された「越行の記」や、昨年北海道で再発見された龍馬佩用の脇差も京都国立博物館所蔵の二口の刀ともに展示します。

私たちはなぜ龍馬に惹かれるのか? 幕末の京都の雰囲気を感じつつ、この機会に坂本龍馬の人間としての魅力を探ってみてはいかがでしょうか。

EVENT DATA

没後150年 坂本龍馬展

期 間 2016年10月15日(土)〜11月27日(日)
場 所 京都国立博物館 平成知新館
(京都市・七条)
金 額 一般 1,300円
大学生 1.100円
高校生 800円
中学生以下無料

オススメイベント