多彩なイメージの猿が一堂に会す!

http://www.kyohaku.go.jp/jp/project/2015_monkey.html

多彩なイメージの猿が一堂に会す!

2016年の干支は「申(さる)」。
京都国立博物館では、これにちなんで猿が描かれた絵画や、猿がモチーフの工芸品を展示。
古くから日本人にとって身近だったニホンザル。さまざまな文化と深い関わりを持ち、多くの作品にその姿が描かれてきた。
江戸時代には、伊藤若冲、曾我蕭白、長澤蘆雪など錚々たる絵師たちが個性豊かな猿を作品に登場させている。
今回の展覧会では、生命感あふれる猿の姿を描き出し、名手と謳われた、森狙仙(そせん)の作品や、 日本ではなかなか見られなかったテナガザルの姿を描いた中世水墨画の名品、猿が登場する絵巻物、 斬新なデザインの根付などが一堂に会す。

EVENT DATA

期 間 2015/12/15(火)~2016/1/24(金)
場 所 京都国立博物館 平成知新館
金 額 一般 520円(410円)
満18歳未満、満70歳以上無料

オススメイベント