【100名限定】香嵐渓で豪華料理を味わう「第21回 香嵐渓月見の会」

http://asuke.info/event/sep/entry-703.html

【100名限定】香嵐渓で豪華料理を味わう「第21回 香嵐渓月見の会」

月見の風習は唐の時代に中国から日本へ伝わり、平安中期頃に貴族を中心に始まったとされる。一般に行われるようになったのは江戸時代からである。

今も江戸情緒を残す紅葉スポット「香嵐渓」でも月見の集まりがあり、足助観光協会とAT21が主宰する月見&食事会「第21回 香嵐渓月見の会」が9月15日、中秋の名月の日に行われる。

AT21(Asuke Tourisum 21倶楽部:足助の21世紀の観光を考える会)の料理人達が腕を振るい、豊田市内の食材を中心に、各地域の特産を使った豪華献立創作料理を披露。煮物や天ぷらなど、総勢100名分の食事が、竹の器に盛り付けられる。

今年は地産地消の食材に加え、「全国まちづくり交流会」で交流のある地域の食材も取り入れるとのこと。月見仕様にキャンドルで飾られた会場で、100人の限定客とともにロマンティックな夜を過ごしてはいかがだろうか。

EVENT DATA

第21回 香嵐渓月見の会

期 間 2016年9月15日(木)
場 所 香嵐渓広場
(愛知県豊田市 足助町飯盛)
金 額 5000円(先着100名)

オススメイベント