津軽最大の祭礼「猿賀神社十五夜大祭」

http://saruka.webcrow.jp/jyugoya24.html

津軽最大の祭礼「猿賀神社十五夜大祭」

御田植祭、七日堂大祭をはじめ数々の祭事が1年にわたり行われ、年間2万人が訪れる猿賀神社。807年に、蝦夷征伐のため北上した坂上田村麿が建立したと伝えられる伝統ある神社だ。

毎年秋に行われる十五夜大祭は旧暦の9月14日から16日までの3日間開催し、県内外から多くの人が訪れ賑わう。参道には沢山の出店が並び、人ごみで前が見えないほど。

境内では県の無形民俗文化財である津軽神楽がご神前に奉奏されるほか、宵宮、県下獅子踊大会、大幟旗奉納、登山囃子奉納、民謡新人大会、などの様々な祭事や神賑行事が行われる。

特に県下獅子踊大会では、多くの獅子踊が囃子を奏でながら神社を目指す姿が圧巻である。津軽最大と言われる祭礼「猿賀神社十五夜大祭」祭りと月見を心ゆくまで楽しもう。

EVENT DATA

猿賀神社 十五夜大祭

期 間 2016年9月14日(水)〜9月16日(金)
場 所 猿賀神社
(青森県平川市猿賀石林175)
金 額 無料

オススメイベント