篠山紀信がヌードで語る個展「快楽の館」

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/IoXcFNSpLejTadmKb86i/

篠山紀信がヌードで語る個展「快楽の館」

1960年代から現在まで常に写真界の先頭を走り続けてきた写真家 篠山紀信のユニークな個展が原美術館で開催されます。

1938年完成した邸宅が元になっている原美術館を、篠山紀信がカメラによって「快楽の館」に変貌させます。出品作品はすべて撮り下ろしの新作で、およそ30名にものぼるモデルを起用し、原美術館の実在の空間で撮影しています。撮影は展覧会入れ替えの休館期間を利用して原美術館の5つの展示室それぞれで変化をつけながら、重層的に「快楽の館」の世界を奏でていきます。

この個展に合わせて篠山紀信が提案したアイデアが「ここ(=原美術館)で撮った写真をここに帰す(=展示する)」ということ。そのアイデアの通り、本展は《ここだけ》で開催するものであり、巡回展示は行われません。

篠山紀信による恥美で幻惑的な世界。「快楽の館」となった原美術館を堪能しましょう。

EVENT DATA

篠山紀信展 快楽の館

期 間 9月3日(土) 〜 2017年1月9日(月・祝)
11:00 〜 17:00
場 所 原美術館(東京・品川)
金 額 一般 1,100円
大高生 700円
小中学生 250円

オススメイベント