幕末を生きた鬼才「河鍋暁斎」展

http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/kawanabekyousai.html

幕末を生きた鬼才「河鍋暁斎」展

天保2年に生まれ、わずか7歳で浮世絵師・歌川国芳に入門、その後10歳で狩野派の絵師に学び、幕末から明治を生き抜いた鬼才・河鍋暁斎の展覧会が、碧南市藤井達吉現代美術館で開催されます。

歌川国芳、狩野派と、日本美術になを刻む偉大な絵師に学び、時代に翻弄されることなく反骨の精神で自由に生きた人物です。今回、河鍋暁斎記念美術館の協力を得て、国芳譲りのユーモアと風刺、そして狩野派で培った卓越した技術で描いています。

本展では、河鍋暁斎の世界を肉筆彩色画、水墨画に錦絵を加えて紹介します。強烈な個性で筆を操った暁斎のほとばしる墨筆と色彩から、その魅力を堪能しよう。

EVENT DATA

鬼才 河鍋暁斎展 幕末と明治を生きた絵師

期 間 2016年8月20日(土) 〜 10月2日(日)
10:00 〜 18:00
※月曜は定休日
場 所 碧南市藤井達吉現代美術館
(愛知県碧南市音羽町1丁目1)
金 額 一般 900円
高大生 600円
小中生 400円

オススメイベント