和菓子の銘店が十五夜のみに販売する季節の和菓子「五十鈴の月見団子」

http://isuzu-wagashi.co.jp/item/autumn/post-60.php

和菓子の銘店が十五夜のみに販売する季節の和菓子「五十鈴の月見団子」

知る人ぞ知る、東京のお洒落スポット・神楽坂。風情残る坂の町にある和菓子の銘店「五十鈴」 昭和21年に初代社長・相田利市が創業した老舗であり、店名の由来は伊勢神宮を流れる五十鈴川に感銘を受けたという。

「自分が納得のいくものだけをお客様に召し上がっていただく」という信念のもと、原材料の吟味を徹底しており、喫茶の「あんみつ」「おしるこ」「お雑煮」はかなりの好評。

季節の和菓子として、中秋の名月である十五夜のみに「お月見団子」を販売する。吟味した上質のコ シヒカリを、自家製粉した上新粉を使いツヤ、なめらかさ、こしにこだわったまさに究極の逸品。 日持ちが短いため当日のみしか味わうことができない。年に一度の販売なので、この機会をぜひ、お見逃しなく。

EVENT DATA

季節の和菓子・秋

期 間 2016年9月15日(木)
場 所 神楽坂「五十鈴」
(東京都新宿区神楽坂5-34)
金 額 810円

オススメイベント