日本三大名月鑑賞池で月夜を愉しむ。京都・大覚寺「観月の夕べ」

https://www.daikakuji.or.jp/event_season_autumn/

日本三大名月鑑賞池で月夜を愉しむ。京都・大覚寺「観月の夕べ」

平安時代、嵯峨天皇により、大覚寺が造営され「庭湖」と呼ばれる日本最古の人工池がつくられた。周辺の山々や、木の配置、水面にうつる月はまさに絶景のロケーションだ。

池では龍頭(りゅうとう)舟、鷁首(げきす)舟などに乗って観月を愉しむことができる。また、茶席も用意され、抹茶やお菓子の 販売もある。

中秋の夜には、満月法会が執り行われ、月を望む場所に祭壇を設け、団子や、芋、豆、お茶、花を供え、僧侶が豊作と人々 の幸せを祈願する。また、境内の広場で17時より様々な催事が行われる。 歴史と風情ある秋の京都で、優雅な月見をご堪能あれ。

EVENT DATA

観月の夕べ

期 間 2016年9月15日(木)〜9月17日(土)
場 所 大覚寺(京都府京都市右京区嵯峨大沢町4)
金 額 龍頭鷁首舟 1000円
茶席 800円

オススメイベント