薬師丸ひろ子、原田知世…「角川映画の40年」

http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/kadokawa/

薬師丸ひろ子、原田知世…「角川映画の40年」

出版社の角川書店を母体に創始された「角川映画」は、1978年に『犬神家の一族』で表舞台に登場以来、角川春樹社長のもと、映画と原作書、さらに主題歌も含めたメディアミックスの広報戦略によって、これまでの映画は映画会社がつくるものという日本映画の常識を覆した。

1980年代に入ると『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』などを発表し、薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子などのアイドル女優を輩出し、90年代には『失楽園』や『リング』を生み出し、社会現象を生み出している。

この展覧会「角川映画の40年」では、日本社会に国民的なセンセーションをもたらした「角川映画」の足どりを、当時の華やかな宣伝資料などを通じて振り返る。思い出深い作品と再会を果たすとともに、現代の日本映画を再考するきっかけになることだろう。

EVENT DATA

角川映画の40年

期 間 7月26日(火) 〜 10月30日(日)
場 所 東京国立近代美術館フィルムセンター(東京・京橋)
金 額 一般 210円
大学生・シニア 70円
高校生以下及び18歳未満 無料

オススメイベント