100年を超えて愛される「ピーターラビット」

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/16_peterrabbit/

100年を超えて愛される「ピーターラビット」

みんなが大好きな「ピーターラビット」は、1893年にロンドンで暮らすビアトリクス・ポターが家庭教師をしていた少年に送った絵手紙から生まれました。それから、1901年に『ピーターラビットのおはなし』を出版、100年経った今も子どもから大人まで世界中で愛され続けています。

今回、渋谷・Bunkamuraで、ピーターラビット生誕150周年を記念した展覧会が開催されます。英国ナショナル・トラストが所蔵する貴重な絵本の自筆原画やスケッチ、彼女の愛用品など200件以上の作品・資料が出品され、その多くは日本初公開となるものばかり。

ピーターラビットと仲間たちの可愛らしい姿はもちろん、社会で女性が活躍するのが難しかった時代で、絵本作家として、また自然保護活動の先駆者、農場経営者としても活躍した一人の女性の半生を知ることができます。

EVENT DATA

ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展

期 間 8月9日(火)〜 10月11日(火)
場 所 Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
金 額 一 般
当日1,400円 前売・団体1,200円

大学・高校生
当日900円 前売・団体700円

中学・小学生
当日600円 前売・団体400円

オススメイベント