http://www.worldcosplaysummit.jp/

コスプレといえば名古屋!今年もレイヤーたちの頂上決戦が始まる!WCS2016

アニメ、マンガ、ゲームなど日本を代表する近代の文化。テレビなどでも“クールジャパン”ともてはやされ、ご存知の方も多いと思うのだが、実際世界中にファンを抱え、前述した文化にさして興味を抱かない日本人でも「懐かしい!」と思えるようなコンテンツを、海外の人たちと共有できたりするのだ。

そんなコンテンツの中でも、今もっとも注目を浴びているのが「コスプレ」。国内では少し変わった見方をされてきた文化ではあるが、仮装をするイベントが増加したこともあり、最近ではあまり抵抗のない人が増えてきた。そしてこの「コスプレ」が「Cosplay」として、世界中で楽しまれているのをご存知だろうか?

そもそも、西洋にはハロウィンなどといった仮装文化が根付いていたり、日本人ほどその行為に抵抗が無いのかもしれない。画像検索などをかけてみても「Cosplay」を楽しんでいる海外の写真が沢山でてくるのだ。

少し話を戻すが、今となっては完全に市民権を得た「コスプレ」の頂上決戦が、愛知県名古屋市で毎年行われているのをご存知だろうか?

World Cosplay Summit(世界コスプレサミット)2016。何が凄いって「名古屋市」「愛知県」だけでなく「外務省」も絡む“日本国お墨付き”のイベントなのだ。市長や知事も応援に駆けつけるほどで実質日本一、つまり世界一のコスプレイベントなのだ。

今年は7/30のラグーナテンボスでのオープニングセレモニーを皮切りに、8/7のチャンピオンシップまで様々なイベントが催される。

初日のラグーナではオールナイトで園内を開放し、コスプレイヤーたちの世界となる。アニソンDJ、音楽祭など内容も幅広く用意され、実際に乗ることが出来るアトラクションを使用した特別な撮影スポットも好評のようだ。

博物館明治村での1日も見逃せない!明治時代の建造物が生み出す独特の雰囲気がアニメやマンガの世界感とマッチ!ここでしか撮れない作品もあり需要が多い。

WKG2016

クライマックスとなるチャンピオンシップは8/6-7の2日間を使い、大須商店街、錦通り、オアシス21、芸術文化センターといった名古屋市の主要箇所でイベントを実施、海外のファン達や予選を勝ち抜いた各国の代表、日本のコスプレイヤーやファンが一堂に会し、名古屋市はコスプレの街となる。オススメは「ワールド カラオケ グランプリ 2016」「レッドカーペット」「コスプレパレード」といった海外のコスプレイヤーたちにスポットがあたりやすいイベント。もちろんメインの「チャンピオンシップ」は外せない。

一見閉鎖的な印象の「コスプレ」だが、WCSに関しては街をあげてのオープンなイベント!コスプレイヤーたちも一般人からの声かけに快く返答してくれるなど、誰もが楽しめるイベントとなっている。特にオアシス21を中心とした一帯では、常時様々なイベントが動いているので、お祭り感覚で遊びに行っても面白い。もしかしたら新しい発見もあるかも!?

EVENT DATA

World Cosplay Summit(世界コスプレサミット)2016

期 間 2016/7/30(土)~8/7(日)
場 所 大須商店街、錦通り、オアシス21、愛知芸術文化センターほか 愛知県内各所
金 額 無料
※一部有料イベントもあります

オススメイベント