http://www.meijimura.com/summer2016/kasanesyashin.html

明治建築で味わう真の恐怖「かさね写真の幽霊」

夏の明治村、お化け屋敷プロデューサー五味弘文が手掛ける明治建築を使った舞台にした明治村オリジナルのホラーエンターテイメント。顔写真を重ね録りして個性や特徴がなくなり最大公約数的な写真をつくる「かさね写真」が流行した明治後期、夫・新五郎の浮気相手の殺人を疑われたお塁。お塁の顔が犯罪者の「かさね写真」にそっくりだというだけで疑われ、人殺しに仕立てられる。獄中で神経を病み、夫を恨みながら自らの命を絶ってしまう…。

さらに8月の週末とお盆期間中は21時まで延長開村が行われ、「かさね写真の幽霊」のほかにも、宵の明治村を舞台に、村内の薄暗いホラーエリアを巡る「彷霊の丘」、「"最恐" 怪談師決定戦 怪談王」など、恐怖イベントが企画されている。

歴史ある明治建築を舞台に行われるこの催しは、本物のほかの恐怖イベントとは一味違う。背筋も凍る恐怖体験で夏の暑さを忘れてみませんか…?

EVENT DATA

かさね写真の幽霊

期 間 2016年7月16日(土)〜9月19日(月)
場 所 博物館明治村(愛知県犬山市)
金 額 [セット券]
大人 1,800円
シニア(65歳以上) 1,400円
大学生 1,400円
高校生 1,100円

[入場券]
600円

オススメイベント