ミッドランドスクエアシネマ2オープン記念 「フローレンスは眠る」 舞台挨拶付きトークショー

http://www.junglewalk.co.jp/florence/

ミッドランドスクエアシネマ2オープン記念 「フローレンスは眠る」 舞台挨拶付きトークショー

7月15日にグランドオープンする名古屋駅前「ミッドランドスクエアシネマ2」にて「フローレンスは眠る」の舞台挨拶が決定しました。新しく名駅に登場した映画館ミッドランドスクエアシネマ2での映画鑑賞、さらに豪華キャストによる舞台挨拶も楽しめるチャンスです。

登壇者(予定):藤本 涼 桜井ユキ 池内万作 小林兄弟監督 ※登壇者は余儀なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

公的記録のない独居高齢者や育児放棄された戸籍のない児童など社会派なテーマで問題提起した小 林兄弟監督の初監督作品『369のメトシエラ』で大ヒットとなった前作から7年。遂に待望の最新作 『フローレンスは眠る』が業界初のドリパスチケットチャレンジを成功させ、2016年3月5日(土)よりTOHOシネ マズ日劇をメイン館として全国順次公開され1週間7回上映で2000人の動員を越えた『フローレンスは眠る』。

本作は、小林兄弟によるオリジナル脚本で描く、同族経営の老舗企業に襲いかかった誘拐事 件を発端に繰り広げられるクライムサスペンス。

日本の企業で同族企業の占める割合は全体の約95% (2010中小企業庁調べ)。少子高齢化とグローバル化を迎え、後継者選びは多くの会社が抱える問題と なっている。本作は後継者への委譲を迎えた老舗同族企業を舞台に日本企業の苦悩を通し、現代の世相 を描き出しています。そして本作の軸となる誘拐事件では、事件当事者と関係者たちの複雑な心理を丁寧 に描き、事件のカギを握る身代金として指定される伝説のブルーダイヤ<フローレンスの涙>を通し、同 族企業に眠る光と陰を写しながら、世代間の愛憎劇が繰り広げられます。

本作で主演を射止めたのは500人のオーディションで選ばれた藤本涼、ヒロインの役員秘書を演じるの は、『リアル鬼ごっこ』(15 年/園子温監督)『極道大戦争』(15 年/三池崇史監督)などの話題作への出 演が続いている桜井ユキ。同族会社の社長・佐藤善一郎を山本學、副社長・佐藤勇次郎を前田吟と いった日本のベテラン名優が演じ、3代目新社長を宮川一朗太、副社長の長男を池内万作、次男を東幹 久など安定した演技で定評のある俳優陣が脇を固めています。

緊迫感の途切れないストーリーに最後まで目が離せません。同族会社の闇に迫るという新しい発想。映像の力と俳優達の演技力でグイグイ引き込まれていきます。クライムサスペンス好きには必見の映画です!

「フローレンスは眠る」公開情報
7月16日土曜日よりミッドランドスクエアシネマ2にて一週間限定、7月23日土曜日から半田コロナワールド、春日井コロナワールド、中川コロナワールドにて公開。
詳しくは「フローレンスは眠る」公式ホームページ[http://www.junglewalk.co.jp/florence/]

Ⓒ2016 JungleWalk Co., Ltd.
製作・配給:JungleWalk

松岡ひとみ

愛知県名古屋市中区大須出身の映画パーソナリティー/タレント、OFFICE CINEMA REST代表。
映画パーソナリティとして、テレビ、ラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マスコミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など幅広く活躍し、東海地区を中心とした映画シーンにおいて欠かせない存在。
昨今では「松岡ひとみのシネマHitミー」として、Youtubeを利用した映画紹介番組をWEB上で公開。豪華俳優陣を相手に、テレビやラジオでは放送できない内容までインタビューを行い、ほぼノーカットで配信している。
現在は新たに「松岡ひとみの“映画fulldays”」をスタート。

西川流日本舞踊名取という古風な横顔や、服飾専門学校卒でファッション知識があるため、ファッションショー、俳優女優のファッショントークの司会なども務める。
また、趣味のキャンドルでの活動を広め、各イベントでワークショップを開催。キャンドル作品は、映画をイメージしたものを基調としている。

EVENT DATA

『フローレンスは眠る』舞台挨拶&トークショー

期 間 7 月16 日(土) 18:00
※上映後舞台挨拶(上映開始時間 15:55~)
場 所 ミッドランドスクエアシネマ 2
(名古屋市中村区名駅4−11−27シンフォニー豊田ビル2F)
金 額 チケット価格:通常料金

オススメイベント