自然の美しさを繊細に表現「生誕170周年 エミール・ガレ展」

http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_3/

自然の美しさを繊細に表現「生誕170周年 エミール・ガレ展」

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ都市部を中心に起きた美術運動「アール・ヌーヴォー」。絵画や彫刻、建築に限らず、生活の隅々にまで良質な芸術性を求めたこの様式は、幅広いジャンルの美術工芸品を発展させ、人々の暮らしを豊かにした。

そのなかでフランス東部で、ガラス、陶器、家具において、独自の表現世界を展開したのが、エミール・ガレだ。彼の作品は詩的で、幻想的。作品の美しさは愛国心や異国への憧憬、また幼い頃から親しんだ植物学や生物学、文学などへの深い造詣に裏付けされたもので独自の表現世界を展開している。作品の中には強いメッセージも込められ、見る者の内に深く染みわたる。

今回、パリのオルセー美術館の協力を受け、国内有数を誇るサントリー美術館のガレ・コレクションから選りすぐりのおよそ100件が一堂に会するとともに、国内の未発表作品約20件を公開する。繊細で美しい世界を堪能しよう。

EVENT DATA

生誕170周年 エミール・ガレ展

期 間 6月29日(水) 〜 8月28日(日)
10:00 〜 18:00
場 所 サントリー美術館(東京)
金 額 一般 1,300円
大学・高校生 1,000円
※中学生以下無料

オススメイベント