来場者300万人超!東北三大祭「青森ねぶた祭」

http://www.nebuta.or.jp/

来場者300万人超!東北三大祭「青森ねぶた祭」

東北を代表する祭り「青森ねぶた祭」は毎年8月2日~7日の日程で開催され、約20台の大型ねぶたと囃子、ハネト(跳人)が一体となって街を練り歩く。

「ねぶた」は紙貼りの扇や人形、動物などを車に乗せて火を灯したもので、語源は諸説あるが「眠たし(ねむたし)」からきており、労働者の睡魔をはらうための行事「ぬむりながし」が発展したものと考えられている。

「ハネト」は衣装をまとった踊り子のこと。正装衣装を着ていれば誰でも参加可能で、市内のデパートなどで購入(10000円程度)したり、レンタル(4000円程度)することができる。運行コースに待機しているねぶたの団体に事前に入るか、所属せずに参加してもOK。

2日~6日の夜と最終日の昼は通常運行し、夜は選ばれた幾つかのねぶたが船に乗って海上を運行する。

「青森ねぶた祭」は江戸時代から続き、昭和55年には国の「重要無形民俗文化財」に指定された。今では来場者300万人のビッグイベントとなり、各地からの観光客で賑わう。

期間中、臨時のキャンプ場も開設するので、夏休みの思い出作りに泊まりで出かけるのもよいかもしれない。

EVENT DATA

青森ねぶた祭

期 間 2016年8月2日(火)〜8月7日(日)
場 所 青森市 橋本界隈
金 額 有料観覧席1人 2,600円

オススメイベント