浅田政志の目に映る家族のカタチ「ほぼ家族。」展

http://irietaikichi.jp/index.html

浅田政志の目に映る家族のカタチ「ほぼ家族。」展

「家族」をテーマに写真を撮り続ける浅田政志の写真展が入江泰吉記念 奈良市写真美術館で開催される。

浅田政志氏は、本人の家族をモデルに消防士や学生生活など、コスチュームやシチュエーションを替えた設定でユーモア溢れる作品を撮っている。それらをまとめた写真集『浅田家』は2009年に写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛賞を受賞した新進気鋭の写真家である。

木村伊兵衛賞受賞後も家族の愛、地域の絆をテーマにした作品を作り続けている。本展では出世作である「浅田家」のほか、八戸市民とのコラボレーションプロジェクト「八戸レビュウ」、家族アルバムをテーマに制作した「NEW LIFE」、東日本大震災の被災地で行われた写真洗浄の活動を2年間追い続けた「アルバムのチカラ」など、これまでの作品をシリーズで展示構成している。

EVENT DATA

浅田政志「ほぼ家族。」展

期 間 6月18日(土)〜 8月4日(木)
9:30 〜 17:0
場 所 入江泰吉記念 奈良市写真美術館(奈良県奈良市)
金 額 一般 500円
高校・大学生 200円
小・中学生 100円

オススメイベント