時代を彩ったイラストの生みの親「安西水丸」

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

時代を彩ったイラストの生みの親「安西水丸」

村上春樹らの人気小説の装画や雑誌『BRUTUS』の表紙、さらに漫画、絵本、小説やエッセイの執筆、翻訳など、枠にとらわれることのない多様な活動を行ってきたイラストレーター安西水丸氏の大規模作品展が京都で行われる。

本展覧会では、「小さい頃よりずっと絵を描くことが好きだった」と語る安西の幼少期から晩年に至るまでの足跡を、イラストレーションの作品を軸に辿る。特別展示として「身の回りの宝物(愛用品)」も公開。本展に合わせて、作品集『イラストレーター 安西水丸』も発売される。

多様な活動を行いながらも、いつも心には「イラストレーターであることへの誇り」を常に持ち続けていた安西氏、その柔らかく、ユーモアに溢れた画風は多くのファンを魅了した。

会期中には親交のあった作家の嵐山光三郎氏、放送作家の小山薫堂氏によるギャラリートークも開催される。2014年に逝去した安西氏の仕事とその人柄を知る貴重な機会になるだろう。

EVENT DATA

イラストレーター 安西水丸展

期 間 6月17日(金) 〜 7月10日(日)
10:00 〜 20:00
場 所 美術館「えき」KYOTO(京都市)
金 額 一般 800円
高・大学生 600円
小・中学生 400円

オススメイベント