部分をみれば、全体が見える。 「ジブリの立体建造物展」

http://www.ctv.co.jp/event/ghibli2016/

部分をみれば、全体が見える。 「ジブリの立体建造物展」

「ジブリの立体建造物展」いよいよ愛知県開催!ジブリファンのみなさんお待たせいたしました!

2013年9月、スタジオジブリの「かぐや姫の物語」の公開を記念してラグーナ蒲郡 ラグナシアにて開幕した「ジブリがいっぱい立体造形物展」。「空」と「森」というテーマに合わせて四季ごとにジブリ作品の有名なシーンの造形物が展示されました。映画の世界に迷い込んだようなひとときを楽しめる展示会はなかなかなくて、何度も足を運びました。

つづいて行われたのが「ジブリの大博覧会」。美術監督種田陽平さん監修の二次元のアニメの世界をそのまま三次元にした美術も見応えがありました。

「風の谷のナウシカ」から「思い出のマーニー」までスタジオジブリ作品に登場する建物に焦点を当て、建築家の藤森照信氏が監修した展覧会。イメージボード、美術設定、背景画といった映画制作資料の原画、約450点と立体模型の数々を展示。

不思議な魅力をもつジブリ作品に登場する建造物に焦点をあてて、平面作品と立体作品が融合した展示空間ということで今からワクワクしますね。

松岡ひとみ

愛知県名古屋市中区大須出身の映画パーソナリティー/タレント、OFFICE CINEMA REST代表。
映画パーソナリティとして、テレビ、ラジオ、web、雑誌などで新作映画の紹介、マスコミ対象の記者会見や舞台挨拶の司会など幅広く活躍し、東海地区を中心とした映画シーンにおいて欠かせない存在。
昨今では「松岡ひとみのシネマHitミー」として、Youtubeを利用した映画紹介番組をWEB上で公開。豪華俳優陣を相手に、テレビやラジオでは放送できない内容までインタビューを行い、ほぼノーカットで配信している。
現在は新たに「松岡ひとみの“映画fulldays”」をスタート。

西川流日本舞踊名取という古風な横顔や、服飾専門学校卒でファッション知識があるため、ファッションショー、俳優女優のファッショントークの司会なども務める。
また、趣味のキャンドルでの活動を広め、各イベントでワークショップを開催。キャンドル作品は、映画をイメージしたものを基調としている。

EVENT DATA

ジブリの立体建造物展

期 間 2016年7月15日(金)~9月25日(日)
休館日:月曜日
※7/18(月)、8/15(月)、9/19(月)は開館[10:00~17:30(入場は 17:00 まで)]
場 所 豊田市美術館(豊田市小坂本町 8-5-1)
金 額 一般 1,400[1,200]円
高校・大学生 1000[800]円
中学生以下無料
※[ ]内は前売および20名以上の団体料金
※市内在住または在学の高校生、障がい者及び市内 75 歳以上は無料[要証明]

オススメイベント