あいちトリエンナーレ2016で名古屋一帯が巨大なギャラリーへ

http://aichitriennale.jp/index.html

あいちトリエンナーレ2016で名古屋一帯が巨大なギャラリーへ

3年に1度開催される国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」。待ちに待っていた方も多いのでは?そう、2016年は開催の年となります。

テーマを「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」として、軸となる現代美術の他、ダンスやオペラなどの舞台芸術を展開。開催地となる愛知県名古屋市の中心部一帯が、パフォーマンスや作品展示の場となり、巨大なギャラリーとなる。また、芸術監督「港 千尋」氏は「芸術祭は多くの人がかかわる、ひとつの旅」と表現。本年度もテーマの壮大さがうかがえる。

豊橋市・岡崎市のまちなかにも会場が設置されている。名古屋から少し距離はあるが、三河地方の文化も合わせて楽しめるのが魅力。

何といっても多種多様なアート作品が散りばめられるため、大人も子どもも楽しむことができる。親子連れ、夫婦、カップル、友達、グループでもお一人様でも、開催期間中は是非、名古屋をブラブラしてみてほしい。

EVENT DATA

あいちトリエンナーレ2016~虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅(Homo Faber: A Rainbow Caravan)~

期 間 2016年8月11日(木・祝)~10月23日(日)[74日間]
場 所 愛知芸術文化センター
名古屋市美術館
名古屋市内のまちなか(長者町会場、栄会場、名古屋駅会場)
豊橋市内のまちなか(PLAT会場、水上ビル会場、豊橋駅前大通会場)
岡崎市内のまちなか(東岡崎駅会場、康生会場、六供会場)
金 額 各種チケット情報は公式サイトにて

オススメイベント