飼育数日本一の水族館が開催!魚魚(とと)リンピック2016

http://www.aquarium.co.jp/

飼育数日本一の水族館が開催!魚魚(とと)リンピック2016

飼育種類数日本一の水族館で、日本唯一展示されている生きものなどもいる三重県鳥羽水族館。鳥羽水族館では2016年夏に開催されるリオデジャネイロオリンピックに合わせ、「魚魚(とと)リンピック2016」が開催する。

イベントは鳥羽水族館にいる多種多様な生き物たちがオリンピック競技に挑戦したり、競技自体や開催地にちなんだ水槽展示も行われる。さらに挑戦するのは生き物だけではなく人間が挑戦するというコーナーも。

生き物たちのあまり知られていない多彩な能力をぜひご覧ください。

【鳥羽水族館の主な展示】
「パフォーマンススタジアム」…アシカーショーなどを展示
「海獣の王国」…チリの海岸を再現し、トド、ゴマフアザラシなどを展示
「古代の海」…カブトガニ、オウムガイ、アリゲーターガーなどの古代魚やシロワニ、サメ、エイなど「生きている化石」などを展示。
「コーラルリーフ・ダイビング」…サンゴ礁を再現し、熱帯魚やウミガメなどを展示
「伊勢志摩の海・日本の海」…スナメリやウツボなど日本近海や伊勢湾に生息する生き物を展示
「ジャングルワールド」…アフリカマナティやピラルクー、デンキウナギ、ピラニア、カピバラなどアマゾン川流域など熱帯雨林に住む生き物を展示
「奇跡の森」…熱帯雨林の湿地帯や池のほとり、川の岸辺に生息するワワニガメなどの爬虫類、ベルツノガエルなどの両生類、クワガタなどの昆虫を展示
「人魚の海」…日本で唯一ジュゴンを展示。アオウミガメの「カメ吉」も
「極地の海」…厳しい極寒の世界に生きる、ラッコ、バイカルアザラシ、クリオネなどを展示
「日本の川」…大きな滝を再現し、ヤマメなど日本の河川に生息する魚などを展示
「水の回廊」…モモイロペリカン、フンボルトペンギン、コツメカワウソ、セイウチなどを展示。1日2回セイウチのパフォーマンスも
「特別展示室」…クラゲ類の他、チンアナゴなど珍しい生き物を展示
「ザリガニコーナー」…いろいろな種類のザリガニを展示
「へんな生きもの研究所」…ダイオウグソクムシ、日本初展示のイヌガエル(仮称)、日本唯一展示のフィロゾーマなどを展示

EVENT DATA

魚魚(とと)リンピック2016

期 間 2016年07月16日(土) ~ 2016年08月31日(水)
場 所 鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3-3-6)
金 額 入館料
大人2,500円
子ども(小・中学生)1,250円
幼児(3歳以上)630円
シニア割引(65歳以上)2,100円

オススメイベント