暗闇の中で交わす家族の会話「対話のある家」

https://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/

暗闇の中で交わす家族の会話「対話のある家」

視覚障害者の案内する暗闇の中で、さまざまな体験をする「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」というプログラムをご存じだろうか?

全国各地で同プログラムが行われ、多くの人が体験をしてきた。グランフロント大阪にある「住ムフムラボ」でも、オープンからこれまでの3年間で約1万人が体験してきた。

4月26日からは「対話のある家」というタイトルの通り、暗闇の中で言葉を交わしたり、視覚以外の感覚をフルに使ってコミュニケーションをとる。暗闇の中、すべての感覚を研ぎ澄ますことで今まで意識しなかった物事の本質が見えてくるはず。

ダイアログ・イン・ザ・ダークを通して、家族で ”ミライの家” のかたちについて考えてみてはいかがろうか?

プログラムは完全予約制なので、日にちと時間が決まったらご予約をお忘れなく。

EVENT DATA

積水ハウス×ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID) 共創プログラム第12回 3周年記念『対話のある家』

期 間 4月26日(火)〜 6月27日(月)
※火曜・水曜定休
場 所 住ムフムラボ(大阪市北区)
金 額 大人 3,500円
学生 2,500円
小学生 1,500円
(完全予約制)

オススメイベント