【作品募集】かまぼこからもアートは生まれる

【作品募集】かまぼこからもアートは生まれる

「絵はいつでも誰でも、なんにでも描けるんだ」というテーマをもとに開催される展覧会。これは会場となる「ギャラリーしろかわ」でギャラリートークを行った洋画家、折笠勝之氏の言葉。そして職員にプレゼントされた“かまぼこ板に描いた油絵”。そんなきっかけから始まった企画も今年で22回目。

寄せられる作品は毎年約1万点。日本の全都道府県のほか、国外からも応募があるという。審査員にはタレントの車だん吉氏をはじめ、画家、作家、俳人が名を連ねる。キャンバスとなる“かまぼこ板”は、なんとどこの産地のものでもOK!1作品あたり、板100枚までなら使って良いので、大きな作品も可能となり、プロ・アマ問わず、誰でも1人何点でも応募ができる。

専用の道具を揃えなくても、かまぼこ板さえあれば作品を生み出せるうえ、もしかしたらあのサイズ感は意外と使いやすいのでは?何か始めようという方は、是非お試しあれ。

EVENT DATA

第22回全国「かまぼこ板の絵」展覧会

期 間 応募締切り 2016/4/20(水)まで
展示 2016/7/16(土)~12/4(日)
場 所 愛媛県西予市立美術館 ギャラリーしろかわ
金 額 入館料
一般400円
高校・大学生300円
小・中学生100円

オススメイベント