最後の!?音フェス&マーケット「西荻ラバーズフェス2018」西荻窪の魅力が満載

http://nishiogi-lovers.com

最後の!?音フェス&マーケット「西荻ラバーズフェス2018」西荻窪の魅力が満載

東京・西荻窪で3回目となる音楽フェス&マーケットイベント「西荻ラバーズフェス2018」が3月18日(日)、桃井原っぱ公園で開催!ステージアーティストにはOi-SKALL MATES(オイスカルメイツ)、おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)、シャムキャッツ、中山うりが出演&個性豊かな西荻のあの店この店も出店!買い物、ワークショップ、美味しいご飯とお酒など存分に楽しめるイベントとなっている。

西荻窪とは?

杉並区の北西にあるこの街は、西荻窪駅から新宿駅まで電車で12分という都会にありながら、どこか懐かしさと温かさを感じさせる。街を歩くと所狭しと看板が並ぶ飲み屋街や商店街の八百屋など、昔ながらの風景に出会うことができる。

西荻カラーが溢れる西荻ゆかりのアーティストたちが音楽ステージで、空の下、桃井原っぱ公園に素敵な音色を奏でる!1月現在、4組の出演が決定。

Oi-SKALL MATES(オイスカルメイツ)

1996年、日本のThe SKA FLAMES やイギリスのBAD MANNERSを愛するメンバーにより結成されたスカバンド。エンターテイメント性あふれるライブは「おじさん、おばさん~子供達」まで幅広く浸透中。型にはまらないフリーダムスタイル。

おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

アメリカンフォークをルーツとするシンガーソングライターで、自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動するおおはた雄一(Vo.G)と、音楽活動、舞台出演、TOKYO FM系全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆など手がける坂本美雨(Vo)による2人組ユニット。

シャムキャッツ

2009年春、アルバム『はしけ』でデビュー。メンバー全員、高校3年生の時に地元浦安で結成。2015年、自主レーベル「TETRA RECORDS」を立ち上げる。2017年6月に4枚目のフルアルバム『Friends Again』を発表し、国内リリースツアー、台湾・韓国・中国を回るアジアツアーを決行。

中山うり

1981年、埼玉生まれのシンガーソングライター。アコーディオンやトランペット、ギターなどを演奏。父親の影響でジャズやラテン音楽、歌謡曲を聴いて育つ。2011年、自身が作詞・作曲を手がけた「回転木馬に僕と猫」がNHK「みんなのうた」でオンエア。2017年にデビュー10周年を迎える。

今年がラスト!?

昔から暮らす人々が築いてきた穏やかな文化と、都会の喧騒から流れてきた人々がつくりだした、地域をあげての「お祭り」そして、“西荻を愛する人達へのフェス”を通じて、西荻の素晴らしさを体感できる「西荻ラバーズフェス2018」は、当初から計画の通りの3年目で一旦ピリオドを打つ。

これで永久に終わりになるのか、形や規模を変えて西荻で何らかの形の活動をして行くのか。今のところはわからないが、また近い将来開催し、多くの人で賑わってほしい。

開催地 東京都

東京都の今日行きたいイベントをアーカイブ!!過去のイベントからこれから開催されるイベントまで、T3V内にある「東京都」開催のイベントをアーカイブしたページです。

EVENT DATA

西荻ラバーズフェス2018

期 間 2018年3月18日(日)
場 所 東京都杉並区桃井原っぱ公園
金 額 入場無料

オススメイベント