天野尚 NATURE AQUARIUM展 まさに大自然そのもの!水景の世界に癒されて…

https://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/exhibition/amanotakashi/

天野尚 NATURE AQUARIUM展 まさに大自然そのもの!水景の世界に癒されて…

2017年11月8日(水)から2018年1月14日(日)まで、東京ドームシティの「Gallery AaMo(ギャラリーアモ)」にて、「天野尚 NATURE AQUARIUM展」が開催されます。

天野尚とは

水槽の中に自然の水中景観と生態系を再現する独自の作品「ネイチャーアクアリウム」を確立した水景クリエイター。
欧州発祥の水草レイアウトに禅の思想や日本の「侘び、寂び」の表現を取り入れた作風は、発表されると世界に大きな衝撃を与えました。

ネイチャーアクアリウムとは

水槽の中に自然の美しさと生態系の仕組みを再現した水草レイアウト。

自然の陸上や水中の景観を見ると、地面の上に石や流木、もっと大きなスケールでは岩や倒木などが存在し、その周りや表面に植物が生えています。
ネイチャーアクアリウムでも水槽の中に底床を敷き、まず石や流木によって構図の骨格をつくってから水草を植栽します。

生態系の仕組みを再現することで、美しい水景が長期にわたって維持できるようになり、「生きたアート」や「癒しの水景」として暮らしの中に取り入れるようになっています。

本展では、「世界のアマノ」として世界から愛された天野尚氏にスポットを当て、自然の生態系を再現する水草水槽(ネイチャーアクアリウム)と、著名な写真家でもある同氏の大判写真作品を組み合わせた、独自の自然観と水槽を融合した「生きたアート展」です。

本展のために製作された特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」を含むネイチャーアクアリウム作品11点を展示。彼の作品は、まさに大自然を縮図化したような神秘的で、幻想的な作品ばかり。一度見たら、引き込まれること間違いなしですよ。

本展で目玉になるのが、リスボン海洋水族館収容されている、全長40mの世界最大ネイチャーアクアリウム「水中の森」を映像で再現。壮大な水槽の中の森は、壮大なスケールで、迫力満点です。

さらに、2008年7月開催のG8北海道洞爺湖サミットの会場に飾られた佐渡原始杉の超特大写真パネルを最大8mに引き伸ばした生態風景写真、「世界水草レイアウトコンテスト」受賞作品写真の初展示など、天野尚氏の持つ作品の素晴らしさがダイレクトに伝わる展示会となっている。

まるで大自然のような天野尚氏のネイチャーアクアリウム作品で癒されて、自然の素晴らしさを再認識してみてはいかがですか。

EVENT DATA

天野尚 NATURE AQUARIUM展

期 間 2017年11月8日(水)〜2018年1月14日(日)
場 所 東京ドームシティ Gallery AaMo
(東京都文京区後楽1-3-61)
金 額 当日 一般 1,300円 / 大学・高校生 1,100円 / 中学生以下 800円
前売 一般 1,100円 / 大学・高校生 900円 / 中学生以下600円
※未就学児無料

オススメイベント