ウイスキーフェスティバル2017開催!これはカッコいい男の登竜門

http://whiskyfestival.jp/tokyo2017/

ウイスキーフェスティバル2017開催!これはカッコいい男の登竜門

デートの最後は、もちろんオシャレなBAR。
そんな場所でカッコよく立ち振る舞うには、知識は必要です。

『シーバスリーガル・ミズナラ12年 シングルで』

なんて注文できたら、あなたの株も急上昇!

タリスカー(TALISKER)というウィスキーブランドの調査によると、「異性が飲んでいたらカッコいいお酒は?」というアンケートで、約半数が「ウィスキー」と答えているというんです!(出展リンク)

女性が男性が飲んでいて最もカッコよく感じるのは「ウイスキー」がナンバーワン!「渋くてカッコいい大人」になるためには「ウィスキー」は必要不可欠なようです。

ただ、『ウィスキーを勉強する』と言っても、奥が深すぎてなかなか難しいのが現状。どこから手を着けていいものかわからないと思います。

そんなあなたにオススメなのが、2017年11月26日(日)東京・高田馬場で開催される「ウイスキーフェスティバル2017 in東京」。このイベントは、ウイスキー評論家の土屋守氏が代表を務める「ウイスキー文化研究所」が主催する、国内最大規模のウイスキーの祭典なんです!

ウィスキーフェスティバルってどんなイベント?

気になるのは、どんなイベントなのかということ。まず、会場にはウイスキーの蒸留所、メーカー、インポーター、酒販店、バーなど60社以上のブースが立ち並び、国内・海外から数百種類のウイスキーが集結。有名どころはもちろん、新進気鋭の蒸留所が放つウイスキーまで様々なアイテムの試飲ができるんです!さらに、カクテルやリキュール、クラフトビール、シガー、フードなども充実し、気楽にウィスキーを楽しめます。

筆者のオススメポイント!

筆者がオススメしたいのは、毎年大人気の『カクテルブース』。ウイスキーをベースにした美味しいカクテルの試飲が無料でできるんです。しかも、トップクラスのバーテンダーが作ってくれるという超贅沢なコーナー。「ロック」や「ストレート」は、ビギナーにとっては、なかなかハードルが高いイメージ。まずは、カクテルから慣らしていきましょう。

ただ飲みに行くだけじゃない!

『飲める』以外に何かないの?といった声が聞こえてきそうですね。もちろんありますよ!それが、ウィスキー作りを支えるスペシャリスト達による「セミナー」。ウィスキーの出来上がりや品質維持を管理する“マスター・ブレンダー”や、実際にウィスキーを作り出す“蒸留責任者”など、業界で活躍するスペシャリストたちから直接話を聞けるので、座学もバッチリカバーでき、気持ち次第では1日でウィスキー通になれるかも?!

まとめ

ウイスキーには、歴史やロマンが、そしてウイスキー造りに愛情を持った職人たちの思いがこもっています。そういった部分が感じられるのが、「ウイスキーフェスティバル」の醍醐味!“ワインに詳しい”のがカッコいい時代は終わりました。いまアツいのはウィスキーです!

EVENT DATA

ウイスキーフェスティバル2017 in東京

期 間 2017年11月26日(日)
場 所 ベルサール高田馬場 イベントホール
( 東京都新宿区大久保3丁目8 大久保3-8-2 住友不動産新宿ガーデンタワーB2F)
金 額 前売券4,500円 / 当日券5,000円

オススメイベント