もうどく展 2 名古屋に危険なヤツらが大集結!! 名古屋パルコで12月9日から!

もうどく展 2 名古屋に危険なヤツらが大集結!! 名古屋パルコで12月9日から!

名古屋パルコで、毒&猛毒を持つヤツらを集めたクレイジーなイベント「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)2(痛)」が、2017年12月9日(土)から2018年1月21日(日)まで開催決定!
2014年に初開催した本イベントは東京や大阪など各地を巡り、2015年には名古屋パルコでも開催した超人気イベントです。

そんなもうどく展が2017年、展示生物を一新し「もうどく展2」とバージョンアップ。
かつて3ヶ月間で約20万人を動員した伝説のイベントが再び名古屋に登場します!
【東京開催の記事はこちら】

閲覧注意

ここからは危険なヤツの写真があります。
特にムカデなどが苦手な方は注意してください!!

一新された"毒"生物の一部を紹介

ポルカドット・スティングレイ

もうどく展2

毒レベル:★★★★
白い斑点が特徴的な、淡水に生息するエイ。
尾には尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っている。危害を加えない限りは攻撃しないが、触れるとエイが驚き、尻尾を上げて攻撃するため、刺される事がある。
痛み、腫れ、めまい、 呼吸困難、痙攣などの症状を引き起こす。

チョウセンスズガエル

もうどく展2

毒レベル:???????
背は緑色、腹は赤色と黒色のまだら模様で、ヘビなどの外敵に襲われると、身を守る行動として、派手な腹の模様を見せて威嚇する。
背中の突起が全て毒腺で強力な毒を出すと言われるが、成分については詳しく分かっていないため、人体への影響も不明。

オオヤスデ

もうどく展2

毒レベル:★★
ヤスデ界では世界最大。恐ろしげな外見だが、落ち葉やキノコ、動物の死骸等を食べる森の掃除屋。
温厚な性格だが、刺激を加えると危険を感じ取り、強烈な臭いを放つオレンジ色の毒液を噴出させる事がある。液が皮膚や目などに付着すると、痛みを感じ、爛れることも。

ジャイアントオオムカデ

もうどく展2

毒レベル:★★★★
最大で40cmを超える世界最大のムカデである。獰猛(どうもう)な性格で昆虫類はもちろん小型のヘビまで食べてしまう。
攻撃性も高く、プラスチックケースを噛みちぎるほどの顎の強さで咬みつき、毒を注入する。痛み、腫れの他、傷口が壊死してしまう恐ろしい毒を持つ。

ミツユビハコガメ

もうどく展2

毒レベル:???????
北米中央部に生息し、陸ガメの中で唯一毒を持つ種類である。自ら毒を作りだすのではなく、毒キノコを食べる事で体内に毒を蓄積する。
食中毒などの症例が少ないため、毒の種類や毒レベルは不明であるが、間違っても食べないように。

「見る」だけでなく、「触れる」「嗅ぐ」などの体験が用意されており、"毒"を体感することができるので、クレイジーなことが好きな人には堪らない内容だ。
冬休みシーズンに親子や友人同士で"毒見"してみては?

[北海道にはキモいやつら!?]
[キモい展 札幌]

[もうどく展2東京会場ではこんなイベントも]
[水族館で女子会]

※開催は終了しています。

行きたい!と思ったら【行きたい】ボタンのクリックをお願いします!

EVENT DATA

毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)2(痛)

期 間 2017年12月9日(土)~2018年1月21日(日)
場 所 名古屋パルコ 西館8Fパルコギャラリー
(名古屋市中区栄3丁目29-1)
金 額 前売700円 当日800円

オススメイベント