ジブリでおなじみ天空の城ラピュタなどの背景画を手がける山本二三展が倉敷で開催!

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/108157.htm#itemid108157

ジブリでおなじみ天空の城ラピュタなどの背景画を手がける山本二三展が倉敷で開催!

みんな大好き!ジブリなどの日本を代表するアニメの背景画を手がける山本二三さんの展覧会が倉敷市立美術館で11月26日(日)まで開催中。 初期から今回の倉敷の展覧会のために描かれた「倉敷-記念日通り-」の最新作まで約220展が紹介されます。

ジブリといえばやっぱり背景の美しさも見とれてしまいますよね。どれもこれも印象に残るくらい美しく繊細なものばかりでジブリのあの世界観を作り上げていっていると思います。

森の中や木の幹など自然の雰囲気が特に壮大で本当にその中にいるかのような気持ちになるくらいです。
山本二三さんは「未来少年コナン」や「天空の城ラピュタ」、「火垂るの墓」、「もののけ姫」、「時をかける少女」など数々の名作アニメーションで美術監督をつとめて高い評価をうけています。
山本二三さんはまさに日本のアニメーションを盛り上げてくれた立役者と言っても過言ではありません!

今回の展示はキャラクターを入れず、そのまま背景のみの展示になるそうです。美術家の果たす役割を紹介します。
私たちは何気なしに見ているので気にしていなかったのですが、 アニメーションというのは一人の力だけではなく監督、原画動画などたくさんの専門分野の人たちが関わって作り上げていくものなんですって。

なんと今回はそんなアニメーション作品に用いられた背景がや準備段階で描かれるイメージボードなどなど・・・初期から最新作まで一挙公開! その業界に興味のある人は絶対に行ってみる価値ありですね!

そして何と言っても山本二三監督の新作短編アニメ「天上大風~わたしが出遇った良寛さま~」を倉敷で初公開され本展内にて随時上映されるそうです。

ぜひ倉敷まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

EVENT DATA

「倉敷市」50周年記念事業 山本二三展-天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女-

期 間 2017年9月23日(土)〜2017年11月26日(日)
月曜休み(祝日の場合は開催、翌平日休み)
場 所 倉敷市立美術館
(岡山県倉敷市中央2-6-1)
金 額 一般 800円
高・大学生・65歳以上 600円
小・中学生 200円

オススメイベント