京都・嵐山で夜空を見上げる「宙フェス2017」で見つける最高の星空の楽しみ方

http://sorafes.com/

京都・嵐山で夜空を見上げる「宙フェス2017」で見つける最高の星空の楽しみ方

京都市西部に位置する“嵐山”。渡月橋や竹林の道など風光明媚な景色が魅力の、京都でも有数の観光地です。
そんな嵐山で開催される「宙フェス(ソラフェス)2017」。

「上を向いて遊ぼう!」を合言葉に2014年から開催され、今年で4年目となるイベントです。
今年のテーマは“~ここにしかない景色~”。宙フェスの魅力や楽しみ方をご紹介します。

◇そもそも「宙フェス」ってなに?

宙フェスとは、様々な「星空の楽しみ方」を集めた複合イベント。

宇宙を感じる多数のアート展示や、夕暮れから夜へ刻々と移り変わる宙の風景とアート作品とのコラボレーション、
そのほか宇宙にまつわる雑貨やカフェ、宇宙を愛する著名人のトークショーや渡月橋と月を船上から見上げることができる屋台船など、多種多様な「宙×〇〇」が展開されます。日が暮れてからは天体観測も。

さらにメイン会場となる法輪寺は、大空(宇宙)を意味する「虚空蔵菩薩」をご本尊とする、由緒正しき“宙のお寺”。

なんとなく難しいイメージを持ちがちな「宇宙」をより身近に、素敵に感じる多彩なコンテンツが揃い、「ここにしかない景色」を見つけられそう。

◇屋台船に揺られながら宙を眺める「嵐響夜舟」

舟の上から月や星空を愛でる…なんて特別な体験ができる「嵐響夜舟」が今年も登場。
渡月橋や星空、川面に映る月を眺めながら、揺れる舟の上で宇宙遊泳しているような気分に浸れるかもしれません。

いかがでしたか?
ゆったりとした気分で楽しめそうな「宙フェス2017」。

自分らしい楽しみ方を見つけて、宇宙に思いを馳せてみるのも良いかもしれませんね。
この秋、「宙フェス」で夜空を旅してみてはいかがですか?

前回の宙フェスはこちら

宙フェス2016
画像をクリックで記事が開きます。

EVENT DATA

宙フェス2017

期 間 2017年10月8日(日)
場 所 京都府京都市西京区嵐山付近
金 額 参加料
ひとり 600円
(未就学児は無料、小学生は保護者同伴に限り無料)
※嵐響夜舟への乗船は別途料金が必要です

オススメイベント