一夜限定!六本木の街がアート一色に染まる「六本木アートナイト 2017」

http://www.roppongiartnight.com/2017/

一夜限定!六本木の街がアート一色に染まる「六本木アートナイト 2017」

「六本木アートナイト 2017」が9月30日(土)から10月1日(日)まで六本木の様々な施設、商店街で開催されます。

六本木アートナイトとは、生活の中でアートを楽しむという新しいライフスタイルの提案と、大都市東京における街づくりの先駆的なモデルの創出を目的に、2009年3月に一夜限りのアートの饗宴としてスタートしました。毎年、テーマが設けられ、そのテーマに基づき、様々な商業施設や文化施設が集積する六本木を舞台に、現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンス等の多様な作品を街なかに点在させ、

非日常的な体験ができる東京を代表するアートの祭典です。

今回で、8回目を迎える当イベントですが昨年より秋の開催となり、芸術の秋にぴったりなイベントとなっています。今年のテーマは、『未来ノマツリ』。祭といえば、一般的には「感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為」と定義されていますが、近年は音楽フェスティバルやアートフェアも広く祭と位置付けられています。共通しているのは、人々が集い非日常的な体験を共有し、文化を未来へ伝えること。「六本木アートナイト 2017」では、アジアを中心に世界中から彩り豊かなアートやパフォーマンスが集まり、コミュニケーション・プラットフォームを目指します。

メインプログラムのアーティストには、写真家・映画監督として幅広く活躍する

蜷川実花氏を起用。メインビジュアルのデザインの他、メインプログラムも担当します。フォトグラファー、映画監督、ファッションブランドなど幅広いジャンルで活躍し、海外でも名を知られている彼女が描く美しく妖艶な世界観に染まった六本木の街に注目したいですね。蜷川実花氏のアートと今回の六本木アートナイトにおける蜷川作品以外のもうひとつの軸である「アジア」をテーマとする作品群と相まって、2日間、六本木の街の風景を変えていきます。毎年アートナイトの核として様々なイベントが展開される六本木ヒルズアリーナをはじめ、あらゆる六本木の場所で展開される予定です。

このイベントの真骨頂は、コアタイムと呼ばれ、9月30日(土)の日没時間から10月1日(日)の日の出時間がメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯となります。夜の六本木の街と幻想的なアートの世界がコラボし、1夜限りのスペシャルな夜を過ごせます芸術の秋を満喫するのにぴったりなイベントとなっています。ぜひ、1年に1度しか見れない芸術一色のレアな六本木に足を運んで見てください。

EVENT DATA

六本木アートナイト 2017

期 間 2017年09月30日(土)〜2017年10月01日(日)
場 所 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
金 額 無料 
※一部のプログラム及び美術館企画展は有料

オススメイベント