幻想的なアクアリウムの夏まつり♡すみだ水族館で『東京金魚ワンダーランド』が開催中

http://www.sumida-aquarium.com/news/2017/06/0630news.html

幻想的なアクアリウムの夏まつり♡すみだ水族館で『東京金魚ワンダーランド』が開催中

日本には、花火や祭り、海やかき氷などたくさんの“夏の風物詩”があります。
人によって思い浮かべる夏の風物詩は違うかと思いますが、こんなにもたくさんの“風物詩”があるのは日本の魅力だと思います。

たくさんの夏の風物詩がありますが、その中に忘れてはいけないのが “金魚”。
金魚は昔から、雅な赤や黄金の色で人々を魅了してきました。優雅に泳ぐその姿は“涼”を感じさせ、夏の風物詩として現代でも愛されています。

そんな金魚をコンセプトにしたイベント、『東京金魚ワンダーランド』が東京都のすみだ水族館で開催されます。
江戸情緒を感じさせる金魚展示エリアで、艶やかに泳ぐ金魚に魅了されてみませんか?

東京金魚ワンダーランドのイベント情報をご紹介します。

約1,000匹の金魚たちが魅せる幻想的な光景、東京金魚ワンダーランドが2017年夏、すみだ水族館で開催

東京金魚ワンダーランド
※画像はイメージです。

視界に広がる魅惑的な赤色!東京金魚ワンダーランドは8月31日まで開催

東京金魚ワンダーランドは、すみだ水族館で2017年7月10日から8月31日まで開催されている企画展です。

日本最大級の全長100mの金魚展示エリア“江戸リウム”で、色も形もさまざまな金魚と、江戸情緒を感じさせる館内の装飾を楽しむことができます。

金魚尽くしの館内は『赤一色』!ファミリーはもちろん、カップルや友人とも楽しめる『東京金魚ワンダーランド』で、江戸の夏を感じさせる雅な雰囲気をご堪能ください。

お江戸の魅力にあふれた東京金魚ワンダーランドの3つの見どころ

東京金魚ワンダーランド
※画像はイメージです。

1.展示されている金魚は約20品種、約1,000匹。まさに金魚尽くし!

東京金魚ワンダーランドは、すみだ水族館の5Fにある“江戸リウム”で開催されます。全長約100メートルにおよぶ展示エリアでは、
ワキンやリュウキン、ランチュウ、エドニシキ、アズマニシキなどの優美な金魚が約20品種、約1,000匹の金魚たちが展示されます。

さまざまな品種の金魚が泳ぐ水槽は、日本の夏を艶やかに感じさせます。ゆっくりと展示スペースを歩いて、たくさんの金魚たちの魅力を堪能しましょう。

2.ホテル雅叙園東京『和の明かり×百段階段2017』の空間で日本伝統の明かりを感じて

水槽の中の美しい金魚の他にも、展示スペースをグルリと見渡すと金魚の提灯がずらりと飾られているのが見つけられると思います。

今回の東京金魚ワンダーランドは、ホテル雅叙園東京が開催するイベント『和の明かり×百段階段2017』ともコラボしており、場内にはかわいい金魚提灯が150個飾られています。

この金魚提灯は金魚提灯発祥の地である山口県柳井市の初任さんたちがひとつひとつ手作りをしたもので、東京金魚ワンダーランドの空間を江戸情緒あふれる空間に演出します。

3.なんて美しいの!浅草の飴細工、アメシンの飴細工も展示

すみだステージ付近で、金魚をモチーフにした飴細工も展示されています。ワキンやリュウキン、タンチョウ、デメキンなど10種類の金魚の飴細工を鑑賞することができます。

精巧な金魚の飴細工を作るのは、日本随一の技術を誇る伝統飴細工専門店の『アメシン』。
展示されている飴細工は、浅草はもとより日本を代表する飴細工『アメシン』が、今回の東京金魚ワンダーランドのために制作したものなのです。

驚くほど精巧に作られた飴細工は、色やひれなどのそれぞれの金魚の特徴をしっかりと表現されており、そこに動かぬ金魚がいるかのような気にさせられます。

『アメシン』が表現する金魚の美しさと日本の伝統技術にふれることができます。

体験プログラムやカフェのスペシャルメニューも金魚!金魚の世界をとことん堪能

金魚のテーマになぞらえた体験イベント「きんぎょ色あわせ」

東京金魚ワンダーランドでは、金魚の鑑賞の他に、体験プログラムとして『きんぎょ色あわせ』を企画、開催しています。

金魚の形をした台紙に赤や白、黒などの5色のチップを貼って金魚の模様を作る体験をすることができます。
金魚をじっくりと観察して、自分の中の金魚を表現してみましょう♪

■きんぎょ色合わせ

開催期間:2017年7月10日から8月31日まで
場所:すみだステージ
定員:各日200名
※開催時刻や詳細につきましては公式サイトをご確認ください。

ペンギンカフェでは魅力的なドリンクやスイーツが販売

すみだ水族館の中にあるペンギンカフェでは、東京金魚ワンダーランドにちなんだメニューを販売しています。

金魚鉢の中にドリンクを入れた金魚ソーダや、金魚の赤色をイメージした金魚ソフトクリームなど面白いメニューがあります。
金魚ソーダは、フルーツカクテルとベリーの果実を入れた爽やかなドリンクで、金魚鉢の中からすくって食べる楽しさも味わうことができます。

金魚鉢型の器は持ち帰ることができますので、記念としてお家に持ち帰ってみてはいかがでしょうか。(※なくなり次第終了。)

金魚ソフトクリームはラズベリー味のソフトクリームで、あまずっぱい爽やかな味わいを楽しむことができます。

その他にもペンギンカフェでは水族館の鑑賞の休憩としてくつろげるメニューがたくさんありますので、気になった方は是非のぞいてみてくださいね!

すみだ水族館で江戸情緒あふれた“赤色”に魅せられよう

すみだ水族館で開催される『東京金魚ワンダーランド』についてご紹介しました。

金魚が水槽の中を優雅に泳ぐその姿は本当に綺麗ですし、どこか涼し気ですよね。昔から多くの人に愛されてきた夏の風物詩、金魚。その魅力を体感してみてはいかがでしょうか。

EVENT DATA

東京金魚ワンダーランド

期 間 2017年7月10日(月)~8月31日(木)
場 所 すみだ水族館(江戸リウム)
(東京都墨田区押上一丁目1番2号)
金 額 入館料
大人 2,050円
高校生 1,500円
中・小学生 1,000円
幼児(3歳以上) 600円

オススメイベント