佐賀県発『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』

https://saga-art.jp/

佐賀県発『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』

「はなわ」って覚えてますか?佐賀県という曲が大ヒットした芸人さんです。『佐賀県には何もない』『田舎』ということを歌った自虐的な曲で、佐賀県の名前が全国区となった。

あれから数年…

■佐賀県庁を遊べるアート空間に!

はなわの歌う佐賀県からさらに進化した佐賀県がそこにはある!佐賀県とネイキッドが共同で『アート県庁プロジェクト』をスタート!
NAKED'ネイキッド)といえば、東京駅のプロジェクションマッピングで話題となった日本を代表するオシャレクリエーター集団である。

さらに、このプロジェクトの皮切りとして、2017年7月21日からは、夜の佐賀県庁展望ホールにて『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』(入場無料)の常設展示をスタートするという!はなわを経て佐賀県はアートコンテンツを取り入れたのだ!

■佐賀県は全国どこよりもアートを推し進める!?

実は、2016年より佐賀県とネイキッドは、共同で佐賀県庁をアートで新たな観光スポット化させることを目指して、佐賀県庁展望ホールにて『SAGA Night of Light by NAKED』を開催。夜の県庁において一日の最高来訪者数700人以上、年間の来訪者数約5万人とかつてない来訪者数を記録した!そして今年度はさらに拡大!佐賀県庁全体を遊べるアート空間へと変えていくという。その第1弾が、2017年7月21日から開始する『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』

■どんなものが見られる?

『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』では、佐賀の夜景・星空・海の世界が融合する幻想的な空間を演出するという。佐賀県が持つ二つの海「有明の海と玄海」をテーマに、プロジェクションマッピングや音楽によって、佐賀の夜景と星空、二つの海の世界がコラボレーションした空間に変化していく。

展望ホール入り口には、床面一面にプロジェクションマッピング。展望ホール内では「有明の海」をバックに音楽の演出によって、海から星空の世界へと繋がっていくようなストーリーをショー形式で表現。他にも、魚群が作る海中トンネルを体感するアートや、窓面に手で触れるとキラキラ輝く宝石のようにデフォルメされた海の生き物が出現するなど、まるで夜景の中を泳いでいるような感覚になるという。

EVENT DATA

アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED

期 間 2017年7月21日(金)から常設展示
場 所 佐賀県庁展望ホール
(佐賀県佐賀市城内1-1-59)
金 額 各施設により入場料などは変動します。

オススメイベント