世界が絶賛するスヌーピーの表現者「トム・エバハート」の新作版画が日本に初上陸!

http://www.everhartclub.jp/2017/

世界が絶賛するスヌーピーの表現者「トム・エバハート」の新作版画が日本に初上陸!

展示会「北海道夏のトム・エバハート展~Present with Tahiti and”Raw”~」が、2017年7月27日(木)~30日(日)の4日間、札幌市・大丸藤井セントラルにて開催されます。
このイベントは、スヌーピーをアート表現できる唯一のアーティスト、トム・エバハートによって描かれた作品およそ30点が展示・販売されます。

私は、小さいころからスヌーピーのアニメを見ていて、このアニメはとても面白くて私の好きなアニメの1つでした。この作品に携わっているトム・エバハートさんはとても偉大な人だと尊敬しています。

日本で初めて「トム・エバハート展」が開かれる札幌市では、当イベントにて日本初公開の新作版画「Coup d’Etat」が発表されます。
刻々と変化するエバハート氏の表現方法の中には、今では描くことのないタッチで描かれた作品も版画作品としてリリースされており、作品の変遷も楽しめるといったまれにしか見られないものがあります。

トム・エバハート氏は、1952年にアメリカ・ワシントンDCに生まれ、アメリカ・エール大学にて絵画の勉強に励みました。70年代から80年代にかけて風景画家として活躍しました。
現代美術における代表的なアーティストとも交流があり、顔が広い方です。

広告代理店の企画をきっかけに「ピーナッツ」の作者シュルツ氏と出会い、それが原点となって8年間にわたり約500ものプロジェクトを任されました。
1988年から1989年にかけてがんによる闘病生活が始まったものの、トム・エバハート氏は奇跡的な回復力を見せアーティストとしての活動を再開することができました。
それをきっかけに新しいアートが誕生し、これを絶賛したシュルツ氏は今後の創作活動において、トム・エバハート以外のものがこの新しいアートを手掛けることがありませんでした。

このイベントは、無料で入場できるためお得感があります。私のようなスヌーピーが好きな方にとっては早く行きたくてなおさらうずうずしていることでしょう。
ぜひ皆さんも日本に初上陸するトム・エバハート展に行って、トム・エバハートの美術の美しさを経験してみてください。

EVENT DATA

トム・エバハートの展示会

期 間 2017年7月27日(木)~30日(日)
場 所 大丸藤井セントラル7Fスカイホールトップライトギャラリー
(北海道札幌市中央区南1条西3丁目2)
金 額 入場無料

オススメイベント