ドラえもん×コロコロコミック 40周年展!40年分のコロコロコミックが勢ぞろい

http://fujiko-museum.com/info/25344/

ドラえもん×コロコロコミック 40周年展!40年分のコロコロコミックが勢ぞろい

今年でちょうど40周年を迎える子供たちのバイブル「コロコロコミック」。そんなコロコロコミックが川崎市・藤子・F・不二雄ミュージアムと初コラボ!
「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」と題し、7月8日から2018年1月15日まで開催されます。

コロコロコミックといえば、「おぼっちゃまくん」、「ダッシュ!四駆郎」、「炎の闘球児 ドッジ弾平」、「メタルファイト ベイブレード」、「学級王ヤマザキ」「ポケットモンスター」と小中学生に多大な影響を与えたマンガが多数あり、今なお子供たちに人気のある雑誌です。

実はコロコロコミック誕生には「ドラえもん」と深い関わりがあったんです。
漫画「ドラえもん」がたっぷり読める雑誌として1977年に創刊されたのが「コロコロコミック」なんです。そのことを知ってる人はあまりいないのではないでしょうか。

藤子・F・不二雄ミュージアム初のコラボ企画となる本展では、「ドラえもん」と「コロコロコミック」がともに歩んだ40年の歴史を当時の担当者やアシスタントの視点を交え、多数の原画や資料と共に振り返ります。

今回の企画展には「大長編ドラえもん」シリーズ全17作品のほか、同誌の表紙のためにマジックで描かれた「ドラえもん」の原画約40点が公開されます。
また、藤子・F・不二雄氏がコロコロコミック、別冊コロコロコミックに掲載していたドラえもん以外の作品「パーマン」「宙犬トッピ」「宙ポコ」などの人気作も含む、約180点もの貴重な原画が一同に展示されます。

さらに、40年分の「コロコロコミック」が一気に勢ぞろいしちゃいます。自分の知っているコロコロコミックはもちろん、自分の知らない時代のコロコロコミックもぜひこの機会に手に触れて読んでみましょう!

また、併設のミュージアムカフェではイベントを記念した限定メニューを楽しむことができます。 なかでも、「コロコロコミック」創刊号の表紙が描かれた「創刊号ケーキ」に注目。レアな創刊号がケーキになってるので食べるのがもったいないですが、メモリアルを祝うのにはふさわしいメニューですね。

ぜひ美味しくいただいてメモリアルを祝いましょう。さらに、1階ミュージアムショップでは、創刊号の表紙をデザインしたクリアファイルや、ピンズなど、ここでしか手に入らないレアグッズが販売されます。こちらも要チェックです。

今の世代の子供たちも、コロコロコミック創刊当時小学生だった方々も幅広い世代で楽しめるイベントとなっています。
貴重な資料の数々を眺めながら、ドラえもんそしてコロコロコミック談義に花を咲かしてみてください!

EVENT DATA

ドラえもん×コロコロコミック40周年展

期 間 2017年7月8日(土)~2018年1月15日(月)
場 所 藤子・F・不二雄ミュージアム
(神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号)
金 額 一般・大学生 1,000円
高・中学生 700円
子供(4歳以上) 500円

オススメイベント