身近なCMやポスターなどをじっくり眺めてみて! 「日本のグラフィックデザイン2017」

http://designhub.jp/exhibitions/3031/

身近なCMやポスターなどをじっくり眺めてみて! 「日本のグラフィックデザイン2017」

東京ミッドタウン・デザインハブにて企画展「日本のグラフィックデザイン2017」が6月17日(土)から8月6日(日)まで開催されます。

日本全国に会員約3,000名を擁するアジア最大級のデザイン団体「日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)」が、1981年より発行を続ける年鑑『Graphic Design in Japan』。その2017年版の発行を記念し、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示するイベントとなっています。

展示作品は、CMや新聞広告、パッケージなど私たちが普段生活している中で知らないうちに目にしている身近な存在のものがほとんどです。
日本のグラフィックデザインの評価は実は世界ではトップレベルなんです。

展示作品は、今年『第19回亀倉雄策賞』を受賞した、渡邉良重(キギ)による「AUDREY」の洋菓子のパッケージデザインや、服部一成によるPOLAのCI、浅葉克己が手掛けた『薔薇刑』のブックデザイン、宮下良介(電通)による宝島社の新聞広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」、田中良治(Semitransparent Design)による『トーマス・ルフ展』のインタラクティブデザインといった『JAGDA賞2017』受賞作、『JAGDA新人賞2017』に選出された三澤遥、八木義博、玉置太一の作品など様々です。

キャッチコピーにインパクトがあるもの、画期的なデザインの作品、初見では分からない深い意味を持つ作品などひとつひとつそれぞれの作品には何らかの意味があります。
文字の配置、フォント、デザインなど細かいところにもこだわりがあるのでそういった部分も見てみるとデザインのおもしろさに気付くかもしれません。

また、入場無料でもあるので気軽に立ち寄ることもできます。普段は何も考えず見ている広告も一度じっくり眺めてみるのもいいですよ。
ぜひたくさんの作品を見て、自分の価値観や感性を高めてみてください!

EVENT DATA

日本のグラフィックデザイン2017

期 間 2017年6月17日(土)〜2017年8月6日(日)
場 所 東京ミッドタウン・デザインハブ
(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
金 額 入場無料

オススメイベント