「タイ~仏の国の輝き~」 門外不出の名宝も登場!

http://www.nikkei-events.jp/art/thailand/

「タイ~仏の国の輝き~」 門外不出の名宝も登場!

東京国立博物館にて7月4日(火)から8月27日(日)まで「日タイ修好130周年」を記念した記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」が開催されます。

自動車関連企業などが多く進出し、日系企業の海外での一大拠点となっているタイは、日本とは関わりの深い国。
そして、あまり知られていませんが130年前には日本とタイは修好を結び、実はタイと日本は意外と身近な存在の国なんです。

タイは国民の95%が仏教を篤く信仰する仏教国です。仏教は、ひとびとの日々の暮らしに寄り添い、長い歴史の中で多様な仏教文化が花開きました。
そんな仏教大国タイについて紐解くのが当展示です。タイ族前史から現王朝のラタナコーシン朝まで、選りすぐりの名品によって、タイ仏教美術の全貌をたどります。

日本とタイの両国が協力し、総作品数約140点以上の古代彫刻や仏像、仏塔に収められた黄金の品々などが一挙公開されます。
「ナーガ上の仏陀坐像」や「仏陀遊行像」など、日本初公開の名品に加えて、なかでも大注目は第一級王室寺院ワット・スタットの正面を飾っていた門外不出の大扉も初来日。
こちらももう二度とお目にかかれないかもしれないお宝だけに一見の価値ありです。

本展では、江戸時代にシャム(タイ)へ派遣した朱印船を描いた衝立(ついたて)や、タイで作られた日本刀など、現在まで続く日本とタイの交流の歴史を示す作品も紹介します。

また、仏像オタクとしても有名なみうらじゅんさん(イラストレーター)、いとうせいこうさん(作家・クリエーター)が、
タイ仏像大使に就任!本展の監修グッズ、音声ガイド、トークショーなどに登場します。彼らのタイの仏像に対する熱量は相当熱いです。ぜひ、こちらもお楽しみください!

見ているだけで幸せになるようなタイの仏像の数々をぜひこの機会にご覧になってください!何かご利益があるかもしれませんよ。

EVENT DATA

タイ〜仏の国の輝き〜

期 間 2017年7月4日(火)~2017年8月27日(日)
場 所 東京国立博物館 平成館
(東京都 台東区 上野公園13-9)
金 額 一般1,600円(前売1,400円)
大学生1,200円(前売1,000円)
高校生900円(前売700円)
中学生以下無料

オススメイベント